Event is FINISHED

畑で育てる陸稲の種まき&葛粉作りワークショップ(初めの始め)

Description
同日開催!
"陸稲の種まき&くず粉のワークショップショップ初め"

コンテンツ①
お米好きのみなさん、普段食べているお米は水田で育てられたお米ですか?それとも、畑で育てられたお米ですか?

実は、水田文化が始まる前までは畑で育てるお米が主流でした。水田が主流になったのは日本でも弥生時代から。

では、なぜ日常的に陸稲ではなく、水稲が食べられるのでしょう?

そんなことを学びつつ、檜原村で10年程前まで継がれていた種を中心に陸稲の種まきを行い、最後には収穫体験まで。

コンテンツ②
世界中で猛威を振るう日本の植物を知っていますか?

それは、クズ。人間のク〇ではなく、植物の葛です。
日本では古来より、繊維を砕いて粉末状にしたモノを加工して、葛餅などにして、食してきました。

でも、それが一度でも畑に生えるとどうなるか・・・地下組織(根)で深く根付き、地を長いツルで這う。

耕作放棄地を耕す時には、これほどやっかいなモノはありませんが、それを食べ物だと考えると、ありがたいと思えてくる。

そんな葛を食べ物に変えていく体験をしませんか?

----------------------------
【日程】
2018年5月6日(日) 10:00~17:00

~9:30 武蔵五日市駅または檜原村役場集合
10:00 説明&おかぼの種まき開始
12:00 お昼ご飯
13:30 くずの根っこ掘り開始
15:00 お茶(お菓子休憩)
~16:00 根っこの粉砕作業
~17:00 解散

【場所】
檜原村 神戸(かのと)地区
    本宿(もとしゅく)地区

【持ち物】
汚れても良い服装、長靴(足袋など畑作業しやすいモノ)、軍手(お気に入りのモノがあれば)、お茶菓子(作業中の栄養分補給)、飲み物、帽子

【参加費】
2,500円(わさび田プロジェクトのわさびを作ったご飯などを予定しており、食費や今後の活動費として)

【参加対象】
小学生以上推奨

【参加上限】
5人~10人

【注意】
・熱中症対策として、飲み物はお忘れなく。

・参加上限は参加者の集まり状況を見て判断します。

【今後の予定】
①陸稲
・草刈りなど 6月~9月(参加した人と相談)
・収穫 9月中旬~10月中旬
・ハゼがけ 10月中
・脱穀 10月下旬~11月初旬
・門松づくりなど 12月中

②葛粉づくりワークショップ
・粉砕作業の途中経過相談 5月中
・作ったくず粉でくずパーティー 6月9日(土)仮予

----------------------------
Sun May 6, 2018
10:00 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京都西多摩郡檜原村
Tickets
大人 SOLD OUT ¥2,500
学生 SOLD OUT ¥2,000
中高生 SOLD OUT ¥1,000
小学生以下 FULL
Venue Address
東京都西多摩郡檜原村3391 Japan
Organizer
ひのはら放課後クラブ
4 Followers